ワーキングホリデーをする意味

ワーキングホリデーという制度は、仕事をすることで滞在賃金を補いながら、最長1年間の海外 生活を体験できる制度です。国によって定められている年齢に違いはありますが、基本は18-25歳、国によっては30歳までが対象であり若い人でないと体験できません。留学がしたいけど、資金が足りないという人はこのワーキングホリデー制度を利用して、通常では行えない海外で就労をしながら異文化生活の体験が出来るので、有意義であると言えるでしょう。目的をしっかりもっていないと、就労や遊びがメインになってしまい、語学の習得があと回しになってしまったりするケースもあるので、短期間で語学習得を目指す人にはあまり有効的ではないでしょう。低い資金で長期滞在をしながら異国の土地で文化を体験し、経験を積みたいという人には意味のある有意義な制度です。ただし、この制度を悪用したりするケースもあり、今後規制が厳しくなる可能性もあると思います。


recommend

セブ島留学で人気の学校ランキング
http://www.cebu-ryugaku.info/
パワーストーンブレスレットの卸販売
http://www.purestone.jp/

最終更新日:2017/3/8

Copyright c 2008 ワーホリで人生経験 All rights reserved.