ワーキングホリデーにかかる費用

夏休みや冬休みなどの長期の休みを利用して海外で語学、習慣を学ぶために旅行に出る方が増えています。ワーキングホリデーとも呼ばれ、現地であるバイトをしながら旅行を続けていくことが若者を中心に流行っています。ワーキングホリデーは費用が少なくて済むというメリットも有ります。旅費として必要となるのは飛行機代と最低限の食事代程度と考えられています。足りない分は現地でアルバイトをしながら旅行を続けることが多いようです。アルバイトについては現地で探すのが基本ですが、現地の日本人が募集しているアルバイトが人気があります。現地の言葉に不自由なときには日本語で話しながら会話を学ぶことができることも人気の理由の一つです。宿についてもワーキングホリデー用に安く提供されている宿があるので、複数人で共同生活をしながら旅行を楽しむという方も増えています。ワーキングホリデーは危険なことがないとは言えませんが、現地での習慣や言葉を学べるとメリットが多いとも言われています

ワーキングホリデーを利用するメリット

ワーキングホリデーは1980年12月にオーストラリアと日本との間で始まった制度で、海外旅行とは異なり長期滞在が許可されるビザのことです。年齢制限があり、18歳から30歳の日本国民に許されていて、日本と協定を結んでいる外国で1年から2年の滞在が許可されます。通常の旅行の場合、観光が許されても同時に労働することは許されませんが、このビザで滞在している間は、就学や旅行、そして就労することも許可される非常に特別な制度です。現地で語学を習得するために勉強しながら働くことができ、さらに働きながら旅行することもできるのはこのビザならではの特徴ですが、原則的に各相手国ごとに一生に一度の利用とされています。日本のワーキングホリデー協定国は、オーストラリアやニュージーランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツやイギリスなど12か国ですが、この他にも制度を導入する意向が示されている国もあります。リーマンショックの後、最近の傾向としては海外で労働しながらスキルを身に付けるためにこのビザを利用したり、児童英語教師の資格を取得するため、また外資系企業で働く英語力を身に付けるために利用したりする人が増えています。さらには、ワーキングホリデーが終了してからも学生ビザで滞在を続けたり、海外の企業に就職したりしてそのまま海外で活躍する場を見つける人も多くなっています。外資系企業では、海外で働いた経験を持っているかどうかが就職試験に問われることもあるため、外国で就労して経験を積みたいと考えている人にとっても魅力的な制度です。

pickup

陰山泰成
iphone 修理 天王寺
仏像の販売

2017/6/6 更新

Copyright c 2008 ワーホリで人生経験 All rights reserved.